印鑑証明には期限切れなどはありません

自動車を売却する時や、それから中古車の売却手続き時も印鑑証明書がなければなりません。

この印鑑証明について解説しましょう。

印鑑証明とはある印鑑が実印で間違いないことを保証するための書面です。

この印鑑証明がないと、その印鑑について実印であるということが裏付けられません。

決して小さくない売買になる中古車の買取ですから、どうしても実印が要ることになりますがその時にこの印鑑証明も必要となるのです。

役所で印鑑証明を実際に発行するためには、事前に印鑑証明をすることが必要です。

印鑑証明に登録する印鑑は普通、実印と呼ばれ世界で唯一の印であることが必須です。

この印を手配して、自分が住む役場へいけば、すぐに印鑑登録できます。

印鑑登録をすれば印鑑登録カードなるものが発行され印鑑登録手続きをした印鑑は実印になったということになります。

印鑑証明、正確には印鑑登録証明書を交付してもらうためには、市役所などの案内係へ行き印鑑登録証明書交付申請書に必要事項を埋めて、印鑑登録カードを持って行くだけです。

また、自動交付機で印鑑証明の書類を交付してもらうことができます。

印鑑証明には期限切れなどはありません。

なので、いつの印鑑証明であろうが効力は続くことになります。

しかしながら自動車買い取りのときには、印鑑証明は三ヶ月以内に発行されたものでなければ無効になります。

ほとんどのケースで有効期限などはありませんが、買取の際は、業者側が必須となる有効期限を教えてくれるのでもし車買い取りの予定があるなら事前に手元に置いておくとスムーズに進みます。

コンテンツ

リンク

Copyright © 1999 www.heartlandbusinessconsultants.com All Rights Reserved.