www.heartlandbusinessconsultants.com

自動車の事故が起きた場面で己が車の事故の被害者だとしても相手が間違いをちっとも受諾しないという事は多数存在します。例として、故意に起したのではなく不注意で相手の自動車を激突した時などに、こういう水掛け論につながってしまう場面がないとは言えません。とは言って、そこで自動車だけの交通事故対応されて後で症状が現れた際に通院した病院の診断書類を出すというのは対処が遅くなるとなるのはしょうがなくなります。そうであるならば自動車事故の過失割合の取り決めにはどんな風な目安が決まっているのでしょうか?細かく説明しますと、警察が結論付けるのは、核として事故の責任が考えられるのはどちらであるかということであり、「過失割合」ではありません。もっと言えば、明確にされた事故責任者が警察署から公表されるケースは有り得ません。割合は両者の相談の結果によって決定されこの結果が事故の賠償のベースになる訳です。この場合に、お互いが車の任意保険に加入していない状況では本人同士がじかに交渉することしかできません。だけど、当然の事ですがこういった協議では、感情的なやり合いになる可能性が高くなります。その上、お互いの主張が平行線をたどればまかり間違うと、裁判沙汰に入りますが、この場合貴重な時間と費用のかなりの損失となってしまいます。そこで概ねそれぞれの当事者に付随する保険会社、互いの自動車の保険の会社にやり取りを委任する対応を用い、適当な過失割合を丁寧に結論付けさせるのです。こういった場合自動車保険会社は以前の事故の係争の結論から出された判断基準、判例タイムズなどをベースに、仮定と調整を行ってどちらに何割過失があるのかを算出します。と言いつつも車での事故の場合では、巻き込まれたのか起こしてしまったのかの状況を問わず、まず110番するのがルールです。その上で自動車保険の会社に電話して、今後の協議を任せるのが順番となります。順番さえ把握しておけば、両方の建設的でない話し合いとなる状況を回避できるに違いないのです。

コンテンツ

リンク

Copyright © 1999 www.heartlandbusinessconsultants.com All Rights Reserved.